シミ対策

今日から始めるシミ予防対策

年齢肌の悩みの一つのシミ。
これがあると何だか老けて見られることから、化粧で隠している女性は多いでしょう。
今あるものをなくすのは難しいとしても、これから作らなければいいわけです。
そこでシミ予防対策をご紹介します。
まずは紫外線対策です。
日焼けはシミの原因となることは良く知られているので、やっている方は多いでしょう。
夏場の紫外線が強い時期はもちろん、晩秋から冬にかけての寒い時期でも行いましょう。
紫外線でもA波の方は一年中降り注いでいるので、冬場などはSPFが強いものではなくて構いません。
紫外線A波を防ぐ作用のある、PA効果があるものいいでしょう。
また、この紫外線A波はガラス越しにでも降り注ぐので、窓際で長時間作業する場合など屋内と入っても紫外線対策は怠らないことです。
それとストレスもシミの原因となることがあります。
そうは言ってもストレスなしの生活は無理なので、たまったらスポーツなどで適度に発散するといいでしょう。

シミの対策について

シミは紫外線などによりできたメラニン色素が、皮膚のターンオーバーでうまく排出されず蓄積することでできます。
対策の第一は、シミの原因となる紫外線をとにかく浴びないことです。
紫外線は夏ごろがピークとなりますが、曇りの日でも冬でも多少あるのです。
また、室内にいてもガラス窓を通じて紫外線を浴びてしまいます。
ですから、戸外に出るときも室内でも日焼け止めのスキンケア用品を塗布する必要があります。
紫外線ケアの商品を選ぶ基準としては、SPFとPAがあり、いずれも数値や+が多いほど長時間の防止効果がありますが、汗などで流れるため、こまめに塗りなおす必要があります。
また、目から入った紫外線も目や肌に影響を及ぼすため、戸外では、UVカット機能を持つサングラスをかけること、日傘をさすこと、首や腕にUVカットのストールや手袋をすることをお勧めします。
また、美白対策として効果のある成分を含むスキンケアやサプリメントの摂取は効果的です。
成分としては、アルブチン、エラグ酸、ハトムギ、プラセンタなどの美白成分がよいでしょう。
紫外線のカットと、美白成分の摂取で、皮膚へのメラニンの蓄積を抑え、シミ対策は可能です。

Valuable information

数学科

2018/3/16 更新

Copyright c 2015 NO MORE シミ All rights reserved.